木彫人日記

木彫作家人見元基のブログ。 作品紹介・制作記・ラーメン屋探訪・旅日記等々、写真いっぱいで公開。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のお知らせ Ⅱ

夏を楽しんでいるかねみんな・・・

ブログを更新することすらできないまま休みなしでぶっ飛ばしてきたわけなんだが、
僕は今本当に久々にバカンスを満喫しているよ・・・ふふ。

疲れた・・・ちょっとしばらく何も考えたくない状態。
実家はええわ・・・とても休まる。ここで英気を養ってから上京致す所存です。

IMGP8619_convert_20120812225714.jpg
それはいいんだけど現在都内でも展示中です。
代官山の「蔦谷書店」2号館2F「Anjin」にてグループ展をしております。
IMGP8620_convert_20120812225913.jpg
越後妻有トリエンナーレ「里山アート動物園」にて同じくグループ展中の作家さん達と共演しています。
期間は越後妻有と同じ9月前半まで。展示中販売も書店内で出来るということになっています。



うん、それとお知らせ。
ヒトミンfacebook始めました。アカウント取らないと見れないもんなのかはわかりませんが
とりあえずリンク貼っときます⇒http://www.facebook.com/photo.php?fbid=1627500597388245&set=a.1622969394508032.28705.100003849621771&type=1&comment_id=131870#!/motoki.hitomi

いやー、ほんとは顔本とかあんま好きで始めた訳じゃなかったんだけどこれがちょっと面白くなってきたというか
ブログそっちのけにしてしまいましてね・・・
作品のアルバム作るのが簡単なので間違いなく便利なんですよ。同時に展示情報流せるしDM代わりになるし。

ほんと申し訳ないんですがこのスーだらブログの特性上、迅速でタイムリーな情報はfacebookの方に流れるようになると思います。仕事でも使っているゆえ間違いなくそうなります。
でもどちらかといえば、facebookでは主に作家活動を伝える掲示板として、ブログではもっと日記的で趣味的なものを書いていくようにする方がいいかと考えています。

信じられますか?
このブログ始めた当初は、「ラーメンを通じて生きることを考える随筆」がモットーだったんすよ・・・
もうオチのつかない背伸びは止めようと心に誓う27歳であった・・・・・


次回、カンボジア死闘編、最終回!


スポンサーサイト

夏のお知らせ

暑い・・・・このまとわりつくような湿気が憎い・・・瘴気とでも言おうか。

カンボジアの方が40℃あったので暑いはずだけど、空気が軽い感じがしてまだ心地よかった。
真夏の砂浜にいるような感じ? むき出しの土はすごく水を吸い込むのが早くてさらさらだった。
意外と空気が循環されてて不快に感じないのかもしれない。

まあ死ぬほど暑いのでとてもあっちじゃ暮らせそうにないけど・・・




夏の展示のお知らせ。

echigo_triennale.png

越後妻有アートトリエンナーレ2012 

2012年7月29日(日)〜9月17日(月・祝)

越後妻有とは、新潟県十日町市と津南町からなる、
自然と人間が共に暮らす「里山」が今も残る地域です。
3年に1度、「大地の芸術祭」が開催されています。
ホームページ⇒ http://www.echigo-tsumari.jp/



一昨年宇都宮美術館の展示で参加した「どうぶつの森」プロジェクトがさらに規模を増し、
3年に一度の芸術の祭典に参入しました!
国内外から名立たる有名作家が軒を連ねるこの一大イベント、前回は約1ヶ月の期間で30万人もの
観覧客があったという、日本にとどまらない世界最大級の芸術祭なのです。

ともかく範囲が広い、市全体がアートの展示場となる。その面積実に760㎢!
また緑豊かな里山に囲まれており、自然の中に囲まれてアートを観賞する、これまた類を見ない美術展です。
ヒトミ史上最大のグループ展、その規格外のスケールにいまだまったく実感が沸かない!

ともかくホームページを見ていただくと概要がわかります。
どこに誰の作品があってどんなイベントがあるのか把握し切れていない!



「どうぶつの森」改め「里山アート動物園」として参加する今回のグループは、
総勢24人の作家が動物をテーマにした作品を展示するという企画。

まつだい雪国農耕文化村センター(まつだい「農舞台」)
ホームページ⇒http://www.noubutai.com/

「大地の芸術祭」の玄関口になるJRまつだい駅の目の前、通称「農舞台」と呼ばれる施設で展示します。
一番人が来る場所ですか! 企画者の平出さんマジで感謝です!!


新装開店


こんにちわ!

木彫作家 人見元基です。


ブログ新しくしました。今までどおりでお願いします~。

あとタイトルで名乗るのはこれが初めてかも。これからは名前で検索してすぐ出るようにしたいと思いました。

というのも別の有名な人を検索してここに入る人もいると思ったので避けてました。

某ロックシンガーではありません。まだ20代です。

読み方も「ヒトミ モトキ」です。「ゲンキ」さんではないです。

最近はツイッターとかで間違う人がチラチラいるようなのでお間違いないように。



紛らわしく思う人もいると思いますが名前は変えません。

僕の知っている作家さんも某ギタリストと名前が一緒で間違われるケースが増えたため改名していました。

僕は親からもらったこの大切な名前で今後も作家活動をしていきたいと思います。


あとタイトルからラーメンを取り払いました・・・

それはね、ここで紹介していけるほど最近ラーメン食べてないから( ;ω ;)

そもそもノリで始めただけなのに、ラーメンなんて縛りを付けたからいけなかったんや・・・

細々と制作・趣味を中心にアップを続けていきたいと思います。

ひとつよろしく。






お知らせ


突然ですみませんが

次回から当ブログを一新いたします。



タイトル変えます!

木彫人日記に改名します。

URLとかは変わったりしないと思うけど、タイトルで検索する人はご注意。



テンプレートを変えます!!

共有でかっこいいな~と思ったのをお借りしました。

こう言っちゃ何ですが全体が格段に見やすくなると思います。




「ラーメンはどこ行った?」と思った方、聞くな!

あえて言おう、ノリであると。


色々カスタムしてるのでお楽しみに~。

評判良くてワロタwww

ありがたいことですよ・・・・


活躍してるとは言いがたいぐらいの活動周期なので結果がなかなか見えてこなかった。

でも今回早くもたくさんの人の目に留まったことと程よく人の意見が聞けてきたことで実感が出てきた。

DSC_0826_convert_20120409111828.jpg
初日の様子。


もちろん絶賛の声もあれば当然駄目だしの声もあるわけで、

だからこそ真剣に話を聞かなければならない。

作品を良くしていくためには自分の中だけで完結してはならないと思う。

人の感想はそれぞれ違うものだから、自分が伝えたいことが伝わってるのかそうでないのかが重要。

たくさん聞いて自分の物差しを作り直していくのが作家のすべきことではないのか。





では個展も折り返しに入ったのでどんどん紹介していきましょう。

今回のコンセプトは二つのテーマを織り交ぜた内容にした。




少女性。
それは無邪気でかわいらしくまた残酷でもある、幼い子供が持っている感覚。
特に少女が抱くファンタジーは、甘美で幻想的なのにどこか近寄りがたいような冷たさを感じる。
夢想した世界と現実を苦も無く重ね合わせるその感性が、ある種の毒の如く僕を酔わせている。

予兆。
3.11後の世界で出会った言葉。
何かが起こる前に現れるもの、それが存在するものなのか
すらもわからないけど、変化を感じることで人は未来を知り、行動することが出来る。
人が失いつつある感覚、そしてストーリーを動かすきっかけになり得るもの。



このふたつのキーワードを物語りにして、ひとつの「部屋」に閉じ込めてみました。
人は外の世界で見聞きし体験し、隔絶された扉の内側で思考を巡らせるもの。
空想を広げて物語を紡ぎ始めるのは、いつだって一人きりの部屋からだと思うのです。

手にとった一冊の絵本のように、物語を読み解くように見ていただければ幸いです。






こういう文章にしたんだけど噛み砕いていくと、まず「小女性」。


子供の持っている感覚はとても面白くて、作品を作る上でいつも外さないようにしているんだけど、

特に幼い少女が持っている世界観(?)、目の前の事柄をやんわりと自分の空気で包んでしまうような、

それでいて全ての事柄を拒絶するように完結してしまえる感覚がとても気になった。

僕は男だし、男の子がそうでないとは言い切れないところだけど、間違いなく自分にはないものを

彼女たちは持っていると思った。

大人になっても必ずそれは心のどこかで生きていて、ふとした瞬間それが見え隠れするような気がする。


とてつもなく魅力的で、逆に不気味にも感じる。

ひとつそんなものを題材に空想物語を広げてみるのも面白いかもというのが、発想の原点だった。


_MG_7001_convert_20120411021135.jpg
腐敗少女」

そんなこんなで作り始めたのが、物語の主役になる女の子だった。

空想を部屋いっぱいに広げて、それが具現化したような空間を作り出したかった。


_MG_7004_convert_20120409114229.jpg

背面。なんか持ってます。

_MG_6998_convert_20120409112741.jpg

下部。ゾウさんです。


イメージとしては、空想にふけり過ぎてキノコが生えてきたりぬいぐるみと一体化してしまったりするような。

ゾウさんの目には時計をはめ込んでいて、針が逆に回るようにしました。

時間を戻したいという単純な欲望と、針が逆転することで別の時間軸が始まるというような意味を込めてます。


この子を中心にいろんなぬいぐるみやらを並べて飾り付けた不思議世界を考えていました。


去年の震災までは。



« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

chan hitomi

Author:chan hitomi
chan hitomi

木彫家

東京都在住 

ラーメン大好き

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。