木彫人日記

木彫作家人見元基のブログ。 作品紹介・制作記・ラーメン屋探訪・旅日記等々、写真いっぱいで公開。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他作家紹介


とりあえず急ぎで宣伝。


根津にありますギャラリー花影抄にて、後輩であり根付彫刻の先輩である永島信也氏の個展が開催中。
是非一度足をお運びください。

IMG_convert_20120422122956.jpg

永島信也展 -懐中神-

2012.4.21 (土)~4.29 (日)
〒113-0031 東京都文京区根津1-1-14 らーいん根津202
TEL / FAX 03-3827-1323

13:00~19:00(最終日~18:00) 休廊日/4.26 (木)


細密で美しい技巧の凝らされた工芸品、なのに掌の上で触って握って感触を味わうことが出来る。
そしてなぜかほっこりしてしまう滑らかさ。

彼に会わなければ根付というものに出会う機会はなかったかもしれない。
もともと自分の彫刻は人が触りたくなるようなものを目指していた僕には、根付彫刻はとても魅力的ではまるものでした。
古くは江戸時代、明治大正昭和と受け継がれて現在、最新の根付文化をここで味わうことが出来ます。

そして若手のトップランナーとなった彼、永島信也の最新作!
多くは語らぬ、見ろ! そして握れ!!




スポンサーサイト

ヒト料理


世知辛い状況が続きます。



計画停電続きで苦労も絶えない毎日ですが。






俺のターン!



新企画発動!!


100_convert_20110323224513.jpg





冴えない一人暮らしを長年続けておるので、自炊の腕はそこそこあるほうだと思う。




特に手抜き料理に関しては少し自信があるので是非紹介したい。




一人で磨き上げてきた手抜きの妙技を見よ!





MTB紀行

春ですね~、暖かくなってまいりました。






既に学業は終了しているので、今年いっぱいの予定をどうしていけばいいのか考えつつ、



とりあえずバイトで生計を建てようとしているヒトミです。






次回の展示にもまだ時間があるし、

 

材料は学校が開くまで取りに行けないから新作にも取り掛かれない。



空いた時間をどうすリャええのかと。






通勤に使う名目で自転車を買ってみました。




P1030448_convert_20100318114500.jpg




オークションで安かったので衝動買いしたんだけど、


安いのはダメですね。



溶接が荒すぎてスタンドははまらんわ、ギアは言うこと聞かんわで。





それでも暇で天気の良い日には乗りまわしてますけど。







P1030454_convert_20100318114632.jpg



P1030452_convert_20100318114803.jpg



とりあえず有楽町や銀座辺りまで飛ばしてみたり。




いつもは電車で来ているこの街も



道路に沿って駅から駅へと走ってくると、街の繋がりや位置関係が実感できておもしろい。




意外と乗れることは判明したのでほんとに通勤に使えるかも。






P1030364_convert_20100318115008.jpg





荒川の土手を走ってみる。




上流に向かって西へ西へ。






P1030366_convert_20100318115139.jpg




不思議なものが見えてきた。




送電塔だ。





これほどスケールのある構造物が



無造作に住宅街の真横に建てられているという違和感。





P1030367_convert_20100318115543.jpg





柵らしきものもないので自然と塔の中心へと足を向ける。





コンクリの柱は重々しくて圧迫感があったが、




静けさの相まった妙な寂しさも感じていた。





P1030368_convert_20100318115715.jpg




上を見上げる。





この塔は電気を送るためのもの。




そう説明しなければ見ていられないほどの空虚な風景だった。





抜けるような空が突然怖く感じて、その場を後にする。





P1030371_convert_20100318115908.jpg




荒川の風景はなぜか僕を落ち着かせてくれる。




湖の傍で育ったせいか、水の流れる景色が自分にしっくりくる気がしてならない。






なんで自分はここにいるのか、



これからどうやって生きていくのか。





答えは全然出なくて焦ってくるけど、荒川のある景色の中で暮らしていると



次第に落ち着いてくる。





落ち着いてくるからまた考えることができる。






千住という街に住んで4年になるけど、そういうことを繰り返して暮らしてきた。



故郷のように自分に馴染む土地なんだと思う。




この街で良かった。










以上、自転車転がして思ったことでした。




島根釣り紀行 オーパ!  #2


いよいよ忙しくなってきやがりました。




最近夜中まで制作してるんで朝がつらくて・・・・






今まで昼夜が逆転してろくなことがなかったんでそれだけは避けたい・・・



朝のアレがアアだったり乳酸がたまりやすくなったりならなかったり。





皆さん気をつけましょうね。









夏の思い出第2回。



「釣り紀行」はいいとして「オーパ!」てなんだよと言われたんですが、




ついて来てますか?     ポルトガル語で「うわぁ」とか「わひゃあ」という意味ですよ。




開高 健の釣りエッセイ読んでますかちゃんと。








サッパリなあなたを置いてさくさくいきます。








秋のシーズンに入るとヒトミにはどうしても食べたくなってくるものがあります。





てんぷらの種として有名なはぜ



江戸前のてんぷらでもポピュラーですよね。



秋口から晩秋にかけて全国でシーズンを迎える魚です。






島根ではゴズという呼び方をするんです。



おそらく顔つきとかから「牛頭」(ごず)と呼ぶんだと思うんだけど。






いいひびきでしょ?       ごず。






P1030144_convert_20090921103712.jpg


宍道湖ならどこからでも釣れます。




さお1本と餌さえあれば老若男女誰でもかんたんに。



P1030143_convert_20090921103548.jpg


この日はちと波が荒い。



友人と静かな場所を探してうろうろしていいとこ見つけました。






P1030147_convert_20090921103820.jpg



そうら釣れた。





10センチくらい、これくらいのサイズが一番美味い。



ゴズ釣りは数釣ってなんぼなんでじゃんじゃんいきます。




P1030148_convert_20090921103930.jpg



ぐわっ、!


こりゃバケモンだ!!




ここまででかいのは上のマハゼとはちがう種類の魚だと思われる。


マハゼは大きくても10センチ前後、このハゼは20センチはある。


味もマハゼに比べ大味でクシャクシャしている。





まあそんなのも含めて20匹くらい釣ったところで終了。





楽しみはこっから。





P1030153_convert_20090921104258.jpg




ゴズ天まいう~。





くせがなくてちょっと甘みのあるやわらかい白身。


これを美味と言わずしてなんと言おうか。



この街に住んだあの小泉八雲も愛してやまなかったとかそうでもなかったとか。





これを食わんと冬が越せねえ。







島根釣り紀行 オーパ!  #1

GALLERY MoMo Roppongi   にて9/19まで開催中の



Hop Step Jamp





ヒトミ作品は引き続き展示中ですのでお時間のある方はぜひどうぞ。





ちょっと暇ない無理って方も大丈夫、





出品した作品は展示終了後ここで紹介していきますので。










さてね、そろそろ松江で何やっとったか書かんと




夏休みが終わってしまうがな。








今年はお盆に入るまで故郷に戻れませんでした。





知っての通り今年は冷夏で水温が低い上に


刺されると痛いゼラチン生物の来襲が早い。




海のレジャーを満喫しそこなってしまった・・・・・


P1030121_convert_20090912234049.jpg


でも俺には釣りがある。





島根の海はまだヲレを待っているのだ。



というわけで父と磯釣りをしてきました。




P1030118_convert_20090912234335.jpg


漁港から岩場へ船で渡してもらう。




「釣りの聖地」と呼ばれるだけあって釣り客向けの渡船がちらほらある。



P1030119_convert_20090912234507.jpg


島根の海は砂浜が大きくはない。



断崖絶壁の典型的なリアス式海岸がほとんどを占める。


だからこそ豊かな魚礁を育てる環境に恵まれているといえる。




海の青がきれいだ。



P1030109_convert_20090912234658.jpg


P1030115_convert_20090912235704.jpg


水深5~6mくらいか。


基本的に餌釣り中心の磯釣りだがルアーでもスズキやヒラマサが狙えるとのこと。




ムズムズ泳ぎたい衝動に駆られるが


フワフワ漂っているクラゲたちの誘いには乗らないことにした。




とりあえず撒き餌をして今日のターゲットを釣りにかかる。






« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
プロフィール

chan hitomi

Author:chan hitomi
chan hitomi

木彫家

東京都在住 

ラーメン大好き

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。