木彫人日記

木彫作家人見元基のブログ。 作品紹介・制作記・ラーメン屋探訪・旅日記等々、写真いっぱいで公開。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年越し大特番

2009年は間もなく終わりを告げる。






いろいろとあった年となったが



湿っぽい話で締めるのは性に合わない。








やはりこのブログの根幹であるラーメン紹介で締めくくるのがベストであろう。





ならば我の麺フォルダを爆発させる時が来たようだ。










年末大感謝!麺だらけのスープ祭り     ~飲み干せる特集~




テンションも上がるさ年末だもの。














つけめん ★ TETSU             (西日暮里・千駄木)





P1030216_convert_20091223235948.jpg





いまや都内屈指のつけ麺専門店となったTETSU。



「べんてん」「六厘舎」、つけ麺がラーメンから独立してしのぎを削る中、



彗星のごとく現れ、多くの麺通をうならせ、常に行列を絶やさない名店。




P1030215_convert_20091223235833.jpg



この日は12時前で20人ほどの列。




回転が悪いので1時間ほど待つことになりましたが、



有名になりだした頃に一人で並んだ時は3時間は待ちましたよ・・・ざっと60人・・・





P1030218_convert_20091224000101.jpg

                                   あつもり        700円





「つけめん」だと普通に盛られて出てくるけど


「あつもり」だと出汁をかけてくれる。


温かいまま食べれるうえにこの出汁からすでに美味い。


溢れんばかりの鰹の香り・・・・




P1030222_convert_20091224000236.jpg




あ、美味い。  ヤバい。




濃厚でマイルドな魚介と豚骨のスープ。



力強いパンチと後を引く上品さを兼ね合わせている。



これに太くてもちもちの麺がほどよく絡む。





さらにはこの店独自のシステム、食べてる最中好きなタイミングで注文する「焼き石」



P1030224_convert_20091224000409.jpg



食べているうちに冷めてくるつけ汁に、灼熱の石を投入することによって、食べ始めのアツアツの状態に戻すことができる。



このインパクトとアイデア、普通のラーメン屋ではまず体感できまい。




熱々に戻ったつけ汁は、食べ終わった後ももちろんスープ割りをしておいしくいただいた。










ヒトミン評価          ★★★★★



もう文句ないよどこも。   まいったラーメン。




ともかく王道とも言えるスタイルの中ですべてが絶妙なバランスで仕上がっている!



ただただ美味い、美味すぎる!!





さらには通常の麺よりも太く縮れてコシのある「強麺」、こちらは1日30食限定で選ぶことができます。






最後におススメは「つけあつ」800円というメニュー。



これは麺は強麺になるけど、ぎんぎんに冷えた「つけめん」、温かい出汁に浸かった「あつもり」の


2種類の麺を同時に味わうことができます。



つまり800円で2玉が食べれる。   これはお得!







つけめん TETSU


東京都文京区千駄木4-1-14


最寄駅      JR:山手線「西日暮里駅」 徒歩10分   地下鉄:メトロ千代田線「千駄木駅」 徒歩8分


11:30~15:45(材料切れ次第終了)


定休    無休










次は僕が常連と化したお気に入りの店。




P1020939_convert_20091224000637.jpg



日暮里の駅を出て繁華街を進み、


線路沿いの路地裏に入るとその店はある。





麺・酒処  ぶらり                 (日暮里)





P1020940_convert_20091224000819.jpg



一見居酒屋のようなたたずまい、それもそのはず、居酒屋も兼ねているのだ。





P1020942_convert_20091224000930.jpg
                                 鶏白湯らーめん    750円




このお店は「鶏」にこだわったラーメンを提供している。




中でも一番気に入っているのが鶏白湯。


白湯(パイタン)とは豚などの骨をじっくり湯が白く濁るまで煮込んで旨みを出したスープ。


それをこの店では鶏がらを使って作っている。




前に両国で食べた元祖鶏白湯の店を紹介したけど、


ぶらりは鶏白湯の新たな境地へと踏み出す一品を生み出した。




P1020943_convert_20091224001122.jpg






ああ、ガチうめぃ・・・





鶏ガラスープの固定概念ひっくり返されますよ。



あっさりしてるかと思いきやの濃厚でクリーミーな口当たり。




臭味はまったく無く、鶏の豊潤な香りと旨みがいっぱいに広がる。





酒に合う・・・とでもいうのだろうか。   




縮れた中太麺は決して主張が強いわけではないけど、この絶妙なスープとうまく絡まり


引き立たせるような役割をしている。



上に乗っているチャーシューは豚ではなく鶏肉。


もも肉だろうか、やわらかで舌の上で溶けていくようだ。




そしてメンマのかわりに乗せられているのはヤマクラゲという中国野菜。


コリコリとして心地良い食感だ。






どこか割烹の料理を彷彿させるような一杯だ。







ヒトミン評価           ☆★★★★




夢中だ。



良い麺屋の少ない日暮里周辺。 


自分の行動範囲によくぞこれほどの店を建ててくれた。





ぶらりはまだまだ成長を続けていると思います。


新メニューも出しているし、まだ入ったことないけど2階では居酒屋をやっておられます。



こんなお店の肴ってとても美味そうじゃないの。


これからも大人の付き合いに利用させてもらったりすることにしようかな。







麺・酒処    ぶらり


荒川区東日暮里5-52-5

JR:山手線 「日暮里駅」    徒歩1分

11:30~15:00 、 17:00~23:30  

(土)(祝)   11:30~22:00

定休  日曜






スポンサーサイト

« »

12 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

chan hitomi

Author:chan hitomi
chan hitomi

木彫家

東京都在住 

ラーメン大好き

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。