木彫人日記

木彫作家人見元基のブログ。 作品紹介・制作記・ラーメン屋探訪・旅日記等々、写真いっぱいで公開。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は七夕

わーお!



ブログの存在を忘れて早3週間が経っちまったぜ。





活動報告ももはや二ヶ月前の出来事。



果たして紹介する意味はあるのか・・・









でも今日は特別な日。




7月7日。







七夕という恒例行事の他に僕にはもう一つ意味がある。








068_convert_20100707231658.jpg





去年僕らとお別れをしたシャドーの誕生日だ。






もう半年経つ。








色んな辛いことがあったけど頭に浮かぶのはシャドーのことだった。







シャドーは幸せな人生だったと思ってくれていたのかということ。




最後の最後まで会えなかったこと。





どうしても悩んでしまう時期はあったけど




今は自分の心にけりがついたと思っている。







そのおかげで辛いことがあっても結構なんとかなっている。





073_convert_20091206003757.jpg






シャドーが寝たきりになった頃に




傍らで描いていたデッサンがあるのだが、最近それを見返していた。






思い出すと、今までシャドーをモデルにして絵を描くことはほとんどなかった。





まあじっとしててくれないし、どうも実家では怠けてしまう自分のせいでもあった。







無意識に避けていたのかもしれない。




なんとなく描く対象としてのシャドーを自分のなかに築きたくなかったのかもと思う。






でもこの時は驚くほど冷静にそして真剣に向き合ってデッサンしていた。




網膜に、脳裏に、心の深層にまで焼き付けようとまで思って描いていた。






数こそ3枚と少ないものだけど、





僕はこの3枚は決して捨てられないものだと思った。







写真よりもまっすぐに向き合って描いた最初で最後かもしれない絵だ。














P1030759_convert_20100708000035.jpg





7月7日は




15年前に僕の前に泣き虫の子犬がやってきた日。






正確な生まれた日がわからないのでその日がシャドーの誕生日になった。








その子犬はやがて人の尻を挫傷させたり肋骨を折ったりするぐらいの巨体になり、




誰よりも優しい性格になって15年間僕らの傍で生きた。







たったそれだけのこと。






でもそれが何よりも大切な思い出。







スポンサーサイト

« »

07 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
プロフィール

chan hitomi

Author:chan hitomi
chan hitomi

木彫家

東京都在住 

ラーメン大好き

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。