木彫人日記

木彫作家人見元基のブログ。 作品紹介・制作記・ラーメン屋探訪・旅日記等々、写真いっぱいで公開。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品紹介 後篇

今まで紹介してきたのが「少女と予兆」の少女の妄想世界。

ここからは予兆をテーマにした作品。

_MG_4992+(2)_convert_20120328120934.jpg
「予兆」

如何にして彫刻を重力から解き放つのか。

一番簡単な方法は浮かせることだ。 物理的には全然解き放たれてないんだけどね。

でも形を纏ったものが宙を浮遊する姿は人にとって神秘的で甘美な幻想だ。

僕は最近頻繁に壁掛け作品を作るようになった。

以前京都の平等院鳳凰堂で「雲中供養菩薩」という壁掛けの彫刻を見たのだが、これがすごくドハマリした。

壁一面、四方を浮遊する彫刻に埋めつくされた展示空間は壮大荘厳の二言だった。

なにか上手く自分の作品世界に取り込めないかといつも考えている。

_MG_4989_convert_20120509103439.jpg

結果的に今思うと、この子が今回一番上手くいった作品だと思う。

「予兆」というテーマは自然の神秘をいかに表現するかということに重きを置いていたので、

今までのポップなテイストからガラッと雰囲気を変えてみたかった。

思い入れもかなりあったので、時間・道具にとらわれずあらゆる手を尽くして挑んだのが功を奏した。

望んでいた浮遊感と神秘性、グロになり過ぎない程度の毒っぽさが上手くかみ合ってくれた。


素材は体がクスノキ、羽はイチイという木をはめ込み式で、触角は真鍮の針金をハンダ付けして作った。

何かの前触れとなるものが、妖精の姿となって現れた、という感じ。

妖精といえば蝶だが、どちらかといえば夜行性の蛾のほうが神秘的で妖艶な感じがする。

モフモフしてて可愛いのもいるしね。




虫って何か自然現象と密接に関連している存在だと思う。

地震の前触れで深海魚が上がるだとか気候変動で大量発生する生物とか色々ある中でも、虫の存在と比重は極めて大きい。

旧約聖書なんかにはこの世の終わりにイナゴの大群が現れるという話もあるぐらいで、

土に近いというのかなぁ、人と自然とを繋ぐとても重要な存在な気がする。

だからテーマ「予兆」には虫の姿を使って表現している。

P1000874_convert_20120509115249.jpg
「羽化」

実はヒトミはイモムシがこの世で一番嫌いなのだが、

今回の強い思い入れと自分への自信から、「今の自分なら一番苦手なものでも美しいものにすることができる」

と信じ、あえて大嫌いなイモムシを作ってみた。

蛹・成虫と過程を経ないで羽を生やした幼虫の姿、ちょっとネオテニー(幼形成熟)入ってるかなぁ。

材料はイチイ、これも壁掛けの浮遊する姿にした。


「予兆」と相まってこれもいい具合にいったと思う。雰囲気もかなり良かった。



でも気持ち悪い・・・・・

作っている最中も作った後も正直二度と作りたくないと思っているぐらいだよ・・・

ちなみにヒトミは苦手なのは幼虫だけで蛹も成虫も全然平気。  不思議だね。




 


蛹冶コォ_convert_20120422123539
「冬蟲禍草」

最後です。

手のひらに収まるサイズの蛹の姿で作りました。

冬虫夏草というと色んな虫に突然生える謎の菌類だが、漢方薬としても知られている。

実質その生態はあまりわかっていなくて、霊験視されていた地域もあるようだ。

というわけで、ただの虫に生えたキノコということではなく、その姿を見ると何かが起きるというような

不気味さを目指して作った。 名前も微妙にもじって「禍」という字をいれている。

でもこれは逆に不気味すぎるよりかは少し美しさも欲しいと思い、真鍮でキノコ部分を作った。


予断だが「予兆」の手のポーズに注目してもらいたい。

実はもともとあの手の中にはこの蛹が納まっていたのである。

なにも持たせない方が見た目的に美しいと感じたので、それぞれ独立させて二つの作品にしたのです。



お分かりいただけただろうか・・・・・



スポンサーサイト

Comments


« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
プロフィール

chan hitomi

Author:chan hitomi
chan hitomi

木彫家

東京都在住 

ラーメン大好き

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。