木彫人日記

木彫作家人見元基のブログ。 作品紹介・制作記・ラーメン屋探訪・旅日記等々、写真いっぱいで公開。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンコールの夜明け #1

遅くなりました。

写真が多すぎて選別と縮小にえらい時間がかかってしまった。なんか楽な方法ないかいな。




タイに到着して二日目、今度はお隣カンボジアに飛行機で向かった。

是非「アンコールワット」を見て来いと親戚に言われ、ツアーの手配までしていただいた。
おかげで人生で味わったことのないような感覚に酔いしれることができた。


IMGP7295_convert_20120528014502.jpg

タイから一時間、シェムリアップ国際空港に到着する。大きさ的に出雲空港並みで随分小さい。

入国審査のおっさんにパスを投げつけられて空港から出ると、玄関で現地ガイドの人が待っていた。
怪しげな日本語、しかもツアーなのに僕一人(!?)だったのでとても不安になった。


IMGP7299_convert_20120528015148.jpg

挨拶もそこそこ、用意されたキャラバンで「アンコールトム」に向かった。これは「南大門」。

簡単に説明するとシェムリアップだけで遺跡が300以上あり、その中でも「アンコールワット」が
もっとも有名で、カンボジアの国旗のデザインにもなっている。

「アンコールトム」はカンボジアの宗教世界観の中で最も重要な場所で、宇宙の中心とされる「バイヨン」がある。
ちなみに「アンコール」とは「大きな」、「トム」は「町」、「ワット」は「寺院」を意味する。

IMGP7310_convert_20120528015522.jpg

バイヨン到着。 なんかもうすでにすごい光景が見えている。

仏教で言う「須弥山」をイメージして作られたというから、まさに人の手で創られた石の山だ。

IMGP7338_convert_20120528020527.jpg

IMGP7337_convert_20120528112848.jpg


圧倒的な光景だった。一面を石で構成された空間。積み上げられ形作られた建物に仏頭。
しかも悠久の時間を超えて、風化し自然に還ろうとしているぎりぎりのところで留まっている。

この壮大さを表現する言葉が見つからなかった。

IMGP7342_convert_20120528020216.jpg

レリーフも見事だった。柱や壁には緻密な装飾文様が彫られており、鮮やかにそこに残っていた。

石に宿る魂というものを見せ付けられたような気がする。


 
IMGP7400_convert_20120528021640.jpg

続いて「タ・プロム」に向かう。

ここで有名なのは遺跡に根を張り、蛇のように絡みついた巨大な木だ。
現地の人は「ろうそくの木」と呼んでいる木で、特にこのタ・プロム周辺に良く生えている。

IMGP7393_convert_20120528021255.jpg

「なんじゃっ・・こりゃ・・・」   ヒトミが思わずつぶやいた言葉である。

こんなとこに生えて養分はどうしてるの、遺跡はなぜ潰れないの、とか色々頭を駆け巡ったけど思考停止。
ただただ目の前の脅威の光景に目を向けるしかなかった。

IMGP7384_convert_20120528021448.jpg

「ラピュタじゃん・・・」  ヒトミの第二声である。

ただ岩から木が生える程度ならいくらでも見たことがある。
なぜこんな光景になってしまったのか、ここまで巨大な生物に侵食されながらこの遺跡はどうして姿を保てるのか。

木を扱うものとしてこのインパクトには戦慄を感じざるを得ない場所であった。

IMGP7372_convert_20120528022339.jpg

「ろうそくの木」。 まさに熱帯の木という感じで、根元の方が特徴的だ。
ろうそくと呼ばれるのも、この特有の柔らかな質感と白い肌から来ているのだろう。

ちなみにガイドさんにこの木は何かに使えるかと聞いてみると。


「ウドの大木」 だそうだ。



スポンサーサイト

Comments


« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
プロフィール

chan hitomi

Author:chan hitomi
chan hitomi

木彫家

東京都在住 

ラーメン大好き

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。