木彫人日記

木彫作家人見元基のブログ。 作品紹介・制作記・ラーメン屋探訪・旅日記等々、写真いっぱいで公開。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花見旅  #5    伏見稲荷



057_convert_20090425095834.jpg



おはようございます。





今日は伏見までやってまいりました。







伏見といえばそう、あれですね。



059_convert_20090425095921.jpg



伏見稲荷大社





日本三大稲荷のひとつです。




山1つが境内なので見所いっぱいですわ。







067_convert_20090425100050.jpg



千本鳥居!





ともかくたくさんの鳥居が参道に敷き詰められて



トンネルのようになってます。






066_convert_20090425100213.jpg



圧巻です・・・




3年前にもふらりと立ち寄ってただただ呆気にとられましたよ。







山頂に向かってひたすらに伸びるこのトンネルは




果たしてどんな世界へと僕等を連れて行ってくれるのか。







071_convert_20090425100322.jpg




山の中腹と思われる地点まで来ると




目の前に池が。







透明度が0な上に




波ひとつたたない静寂が不気味だ。





073_convert_20090425100515.jpg




周りを見渡すと小さな社に囲まれていた。




ひとつひとつに蝋燭が立てられ、



小さな火がちらちらと揺れている。






寒気とまでは言わなくとも



なにか冷たい張り詰めたような空気を感じる。






何故だろう。




すこしだけ怖い。







 






078_convert_20090425100852.jpg


30分かけて頂上付近と思われる場所まで到達。




さすがに見晴らしがいい。






ここからはいくつかのルートに分かれるけど




いずれもこの場所まで戻ってくることになる。






ただひたすら山奥へ進むことにした。



082_convert_20090425100807.jpg




上り階段が多いためだろうか、




休憩所のような小店が多い。





ここまで来ると山の入り口辺りとは異界度が違ってくる。





079_convert_20090425215149.jpg




霊的存在としての狐狸の類が



本当にいるのかもしれないと思えるほど。





この場所は不思議な空間だ。



080_convert_20090425100944.jpg




子供の頃を思い出していた。






実家の近所の神社の裏に



朽ちかけた小さなお稲荷さんが一対ひっそりと置いてあった。





小石を賽銭代わりに



お供えごっこをしたもんだった。







今もまだあそこにいるんだろうか。






スポンサーサイト

Comments


« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
プロフィール

chan hitomi

Author:chan hitomi
chan hitomi

木彫家

東京都在住 

ラーメン大好き

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。