木彫人日記

木彫作家人見元基のブログ。 作品紹介・制作記・ラーメン屋探訪・旅日記等々、写真いっぱいで公開。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男だけどヒトミだよ (作品紹介2)

近年の作品

210_convert_20090215233738.jpg


4年の卒業制作。


イヌという種族のかたちと色の豊富さにあらためて魅了され、ただひたすらに

手を動かしていった作品。


かたちは違っても、統一された意思や思想のようなものがあるといいと思い、

服従のポーズということで全部立たせました。


211_convert_20090215233344.jpg214_convert_20090215234142.jpg




216_convert_20090215233502.jpg218_convert_20090215234308.jpg




本当は単にいっぱい犬にかこまれたらどんな気分だろ?

という妄想のあらわれだったりして。             写真は08’の東京・丸ビルでの展示風景。






10.jpg

大学院1年の作品。

イヌやヒトに代わる新たなモチーフを求めていた時、テレビでサルの生態特集を

やってました。

特にテングザルという種類は、姿形から動物の範疇を超えてしまってるっていうか、

もうメタボなおやじ

にしか見えないいでたちなんですよ。
                             035_convert_20090215234723.jpg


ヒトとの境界の曖昧な雰囲気を抽出して、仮想の人類のようなつもりでつくりました。

「Being」 もしくは 「類人」という名前を
 
つけています。              写真はお世話になっているギャラリーのグループ展示の風景。


021_convert_20090215234852.jpg


その「類人」に物語をつけていこう、という試み。

この生き物の住む森はジメジメしている、という発想から

腐敗と豊穣を意味するキノコを世界観に取り入れてみました。

023_convert_20090215235154.jpg

025_convert_20090215235026.jpg


どこかに文明社会のキーワードになるものを入れたくて、本をベースに作って立たせました。

知識が腐敗して生えるキノコを食べに食べて肥えるサル、といったところです。









今年はギャラリーでの個展や数人の仲間でグループ展示をする予定なので、

詳細が決まり次第お知らせします。

興味のある方はぜひどうぞ。


スポンサーサイト

Comments


« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
プロフィール

chan hitomi

Author:chan hitomi
chan hitomi

木彫家

東京都在住 

ラーメン大好き

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。