木彫人日記

木彫作家人見元基のブログ。 作品紹介・制作記・ラーメン屋探訪・旅日記等々、写真いっぱいで公開。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探訪1  なぞの味噌ラーメン くるり

記念すべき第一回は悩んだ末、           ここにしました!





   麺処 くるり                                  (市ヶ谷)


  kruri1.jpg


やっちゃったよ・・・人気店は探さないって宣言したのに。

hitomiってそんな人間。





東京メトロ南北線市ヶ谷駅から徒歩10分ほどのところにある人気店。


平日の昼は近くの大学の学生やサラリーマンで長蛇の列ができます。


行った日はたまたま昼休みの時間をはずしてたので30分ほどで入れました。


普段なら1時間待ちでふつうだとか。





ん?    

てか暖簾がないぞ!?


さすがは人気店。

余計な装飾を排除することで清潔感と上品な印象をねらったか!

味以外のものへの細かなこだわりを感じる。




店内はカウンターで7席ほど。

身動きが取りづらくてしょうがないけどうまいもん食わしてもらえるんだから我慢。


kururi2.jpg

味玉みそらぁめん           750円


すでに見た目が記憶のなかの味噌ラーメンから程遠い・・・


写真わかりにくいけど上にのっているのが白髪ねぎともやし。にらも散らばってていい感じ。




く、クリーミーだ!


味噌が全面に出ている感じじゃなく、

とんこつや野菜の甘みが味噌と混ざってポタージュのようななめらかさ。




すごい濃厚でラー油どっぷり入れてて辛いけど、うめえッす。





麺は粘度の高いスープに負けないような平打ちの太麺。


柔らかいチャーシューとこれまたクリーミーな味付けをされたたまご。


ネギと炒めたニラもやしのシャキシャキも味噌の風味とよく合う。




いいなあ ここら辺の学生!

いい店近くにあって!!  






しかし感動してる間にだんだん胃がもたれるような感覚が・・・・


くどくないけど、毎日は食べれそうにないな。


しかもラー油が結構後からくる感じでつらくなってきた。



スープは飲み干したいタイプだけど今回は無理。

2・3日断食してれば迷いなく飲み干せよう。








こういうタイプの味噌ラーメンは初めてでした。


けっこう癖になりそうだ、また来ようかな。



麺処  くるり

東京都新宿区市谷田町3-2

昼11:30~14:30   夜18:00~20:00

休日    日祝

スポンサーサイト

Comments

味玉! 
こんにちは、早速コメントしてみました。

ミソラーメンいいですね。私はもっぱ醤油派なのですが
(クリスマスはもっぱウーロンよね)
投稿されてる写真がとても食欲をそそります。

特にラーメンにおける味玉の存在というものは
中学校時代にストーブに一人であたっていたところに、超イケメンの
クラスメイトがやってきて「暖かいね」と囁かれた甘酸っぱい思い出に
匹敵するほどの「濃厚な幸福感」を感じさせる物だと思います。

ただゆでたタマゴではなく、味がついている。そのほのかな弾力の白身を
割り箸でまっぷたつにした時…滴り落ちる黄色い液体。
それがスープと麺にからむあの感覚と言ったら、もう…!!ですね。


味玉について熱く語りました。すいません。


また作品や彫刻についての記事も読みたいです!
 
水落 さん 

初コメントいただきました!

最近のラーメンで味玉ってもはや外せないエレメントですよね。


秘伝のたれに浸けてあったり注射器でクリーム注入したり、

店によって色んな工夫があっておもしろいです。


しかしそんな自身の青春の悦びとしあわせと切なさに満ち溢れた1ページ

を引き合いに出すほどの思い入れがあるとは・・・・・

感服です!

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
プロフィール

chan hitomi

Author:chan hitomi
chan hitomi

木彫家

東京都在住 

ラーメン大好き

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。