木彫人日記

木彫作家人見元基のブログ。 作品紹介・制作記・ラーメン屋探訪・旅日記等々、写真いっぱいで公開。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生存報告 DAY1からDAY2

なんというか・・・


こういう形で復活するのも斬新なんだけど・・・


人見元基、生きてます。




みなさん不安な時間を過ごしておられるかと思います。


もういい加減更新をして怠惰な見物記でも披露しようと準備していた矢先でした。







この国は昨日の朝までとはちがう世界へと変わってしまいました。





今節電して部屋を真っ暗にしながらこの記事を書き込んでいます。





都内は揺れでの被害はほとんどありませんでしたが、現在も緊迫した状態が続いています。










3月11日、世界が変わってしまった瞬間から体験したことを話していこうと思います。




※今回載せる写真は3/12に撮ったもの。









14:50頃





僕はいつも通りアトリエで制作を始めようとしていた。



ちょっと遅めに昼飯を食べ、作りかけの作品をながめて案を練っていたとき。





ゆっくりと周りが揺れ始めた。



P1040251_convert_20110312232848.jpg


ヤバイと思って飛び出た。




この揺れ方はおぼえている。 体が憶えている。


8年前に島根で体験した揺れ方だった。




ここに居たらまずい。 狭い路地を走って大通りまで逃げた。










周りの建物がぐらぐら揺れている。



街全体がゴーッという唸りをあげている。





僕は道の端にうずくまって必死に親に電話をかけていた。




もう遺言を伝えるぐらいの気持ちだった。 一人で死ぬのが嫌だったのかも知れない。




電話は繋がらなかった。













揺れは長く続いた。    3分か4分か。





おさまってきて回りを見ると家という家から人が出てきていた。





みんな恐怖で凍りついたと言うような顔をしていた。



老人介護の事務所で倒れている年寄りたちを起こしてあげた。









震度5強。 




8年前鳥取西部地震で体験した揺れ。おなじだった。






15:15





アトリエに戻るとなかなかの惨状だった。



元々汚い部屋がさらに汚く。




とりあえずブレーカーを落として安全を確認してから自分のアパートに向かった。











15:25


部屋に入るとこちらもなかなかの荒れ模様だった。




片付けてガスの元栓を締める。 冷蔵庫以外のコンセントを抜いた。







ついでに下の大家さんの家、他の部屋の人も訪ねて周った。



さっきから遠くで消防車のサイレンが鳴り響いている。





火の気やけが人は無かった。  大家さんは仕事場にいるようだ。







大家さんのところに報告しに行こうと自転車に乗った。




P1040247_convert_20110312233215.jpg



近所は無事なところが多かったが所々被害はあった。




植木鉢が落下した家、手すりが抜け落ちてしまった家。




神社では石灯籠が倒れていた。







自転車にまたがり駅前の通りを目指していると大きなざわめきが聞えてきた・・・















 
15:40頃






駅前は人で溢れかえっていた。




駅前は大きなロータリーとマルイのビルがあるが、どうやら両方から全ての人が出てきているようだった。




歩道という歩道は人で埋め尽くされ、車道を通るしか道はない。








大きな悲鳴が聞こえた。





大きな余震だ。   近くのビルが大きく揺れ始めた。





集まった人たちが恐慌状態におちいった。道路に飛び出してくる人もいる。







僕は気づいてしまった。




逃げ場がない。 この街には避難できる場所がない。





人が歩くのは建物の隙間だ。




このでかいビルたちが倒れてきたら逃げることができない。






怖かった。 本当に怖かった。










揺れがおさまってきたのを見計らって急いでその場を逃げた。




パニックが起こっている現場にいるとこちらまでパニックになりそうだった。







大家さんの経営している酒屋に着くと店内は予想通りひどい状態だった。




アルコール臭がかなり漂ってたが、そこまで被害はなかったという。




大家さんも無事で安心した。 とりあえずアパートの報告をしてアトリエに戻った。





16:00過ぎ




途切れ途切れだがメールで親とやりとりできた。




ゆっくりとだがラジオで情報を聞いて全貌がわかってきた。




すぐ近くのスーパーで買い物をしておいた。






家に帰り、災害用グッズをリュックに詰めておいた。












今に至ります。





今日は大して余震も大きなものはなかったけど、正直不安は昨日より増してきている。



ドアの鍵も掛けてません。




ここまで命の危険を感じている時間は今までにないです。






都内の電力も足りていないようなので時々停電になるようですが、



逐一このブログで近況報告していこうかと思います。






メールが伝わりにくい現状なので何か伝言がある人はドンドンコメントを送ってください。



まだ連絡がつかない方々、命に別状無いかとは思いますが、心配です。





スポンサーサイト

Comments


« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
プロフィール

chan hitomi

Author:chan hitomi
chan hitomi

木彫家

東京都在住 

ラーメン大好き

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。